information

Recomment

喜寿お祝いの人気品

生まれ年の干支に戻る60歳の還暦以降の長寿の祝いを「賀寿」と言い、古来から元服、婚礼と並ぶ三大祝義として定着してきました。喜寿は「喜の字の祝い」「喜の字の齢(よわい)」とも言われ、70歳の祝いである古稀の次に来る、77歳の長寿の祝いを指しています。
以前は生まれた時に1歳で正月を迎えると1つ年を取る「数え年」で祝うのがしきたりでしたが、現在では誕生日を迎えて年を取る「満年齢」で祝うことが一般的となっています。喜寿の名称は「喜」と言う漢字の草書体が「十七」の上に「七」が乗っている形に見え、七十七と読めることに由来しています。現在は平均寿命が延び、喜寿を迎えても現役で活躍していたり、元気で趣味やボランティアなどの活動に参加している方たちが増えています。
このため喜寿祝いのプレゼントとしては、いかにも老人向けの杖、補聴器、眼鏡などよりも、趣味生かせる品や日常生活を快適にするものなどが喜ばれまています。例えばお芝居好きなら上等の席のチケット、旅行好きならば有名な温泉の一流旅館の宿泊券や旅行券などがです。
タブーとされるのは弔事に使われることが多い日本茶、「苦」や「死」を連想させる櫛、別れを連想させる「手巾」と書いて「てぎれ」と読ませるハンカチなどで、注意が必要です。但し、お茶はお茶好きな方へはしゃれたデザインの物を選ぶと失礼には当たらないとされています。
近年、お祝い品として人気を集めているのが、本人の名前を織り込んだオリジナルの詩に、似顔絵などを可愛いイラストにして添え、額装に仕立てた「ネーム イン ポエム」です。愛情にあふれ、世界に一つだけの希少性が喜ばれています。

 

喜寿お祝い


-喜寿のお祝いは-
喜寿のお祝いのキーワードは古希と同じく「紫色」です。紫色は、古くから高い位を表す色とした扱われてきました。たとえば、貴族の冠位は紫色が最上位、僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていました。
また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不調の時には紫色のものを身近に置いていたといいます。そういえば、時代劇などで病気の殿様が額に紫の布を巻いているシーンを見かけます。あれは、充分に意味のあることだったのですね。
だから、喜寿のお祝いには、古希と同じく、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードに。もちろん、必ずしも紫色にこだわらなければならないわけではありません。肝心なのは、その心を大切にしてお祝いをして差し上げることです。
なお、男性の方の場合は平均寿命近くになることもあり、男女ともに体力面や健康面への配慮が重要になってくるのも喜寿あたりから。お祝いの席を儲ける場合には、そのことも忘れないしようにしましょう。


-喜寿祝いのメッセージ-
ご本人を含めて長寿という実感が濃くなる「喜寿」。たいていの場合、仕事は引退し、お子様はもちろん、お孫さんもいて…という年齢でもあります。とりわけお孫さんの健やかな成長はご年配の方にとって、うれしくも気がかりな事柄でしょう。そうした気持ちを汲み、ご家族の心からのメッセージを。その考え方をご紹介しましょう。

【ご本人のメッセージ】
●喜寿を迎える心情を気取りのない言葉で語りましょう。
●ご自分の若い頃のお話などを交えれば、自らの来し方を振り返ることにもなり、味わいのあるお話ができます。
●手紙などで喜寿祝いのお礼を述べる場合には、簡単な近況報告を忘れずに。
●喜寿ともなれば、年賀状や暑中見舞いなどに堂々と書き込むのも大袈裟ではありません。長寿を喜ぶ言葉を時候のご挨拶に加えましょう。
<例>
『おせち料理の美味さもひとしおの喜寿の年を…』
『喜び重ねて喜寿とばかりに心楽しい正月を迎え…』

【お祝いをされる方のメッセージ】
●喜寿を迎えられたご本人と祝われる方に関する思い出やエピソードを軸にして、これまでの感謝を伝えましょう。
●喜寿を迎えられた方の功績を語ることも、来し方を称える意味で大切です。
●健康への気遣いを忘れずに。これは、正式な場合でも内輪の場合でも重要です。 
●お孫さんからのメッセージや、仕事関係の方の場合には思い切り若い方からのメッセージを。ご年配の方にとってはことさらうれしいものです。


Calendar
2016年7月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031