information

2012年10月24日  喜寿お祝い
2012年10月24日  定年退職 緑寿お祝い
2012年10月24日  還暦お祝い

Recomment

喜寿お祝い


-喜寿のお祝いは-
喜寿のお祝いのキーワードは古希と同じく「紫色」です。紫色は、古くから高い位を表す色とした扱われてきました。たとえば、貴族の冠位は紫色が最上位、僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていました。
また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不調の時には紫色のものを身近に置いていたといいます。そういえば、時代劇などで病気の殿様が額に紫の布を巻いているシーンを見かけます。あれは、充分に意味のあることだったのですね。
だから、喜寿のお祝いには、古希と同じく、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードに。もちろん、必ずしも紫色にこだわらなければならないわけではありません。肝心なのは、その心を大切にしてお祝いをして差し上げることです。
なお、男性の方の場合は平均寿命近くになることもあり、男女ともに体力面や健康面への配慮が重要になってくるのも喜寿あたりから。お祝いの席を儲ける場合には、そのことも忘れないしようにしましょう。


-喜寿祝いのメッセージ-
ご本人を含めて長寿という実感が濃くなる「喜寿」。たいていの場合、仕事は引退し、お子様はもちろん、お孫さんもいて…という年齢でもあります。とりわけお孫さんの健やかな成長はご年配の方にとって、うれしくも気がかりな事柄でしょう。そうした気持ちを汲み、ご家族の心からのメッセージを。その考え方をご紹介しましょう。

【ご本人のメッセージ】
●喜寿を迎える心情を気取りのない言葉で語りましょう。
●ご自分の若い頃のお話などを交えれば、自らの来し方を振り返ることにもなり、味わいのあるお話ができます。
●手紙などで喜寿祝いのお礼を述べる場合には、簡単な近況報告を忘れずに。
●喜寿ともなれば、年賀状や暑中見舞いなどに堂々と書き込むのも大袈裟ではありません。長寿を喜ぶ言葉を時候のご挨拶に加えましょう。
<例>
『おせち料理の美味さもひとしおの喜寿の年を…』
『喜び重ねて喜寿とばかりに心楽しい正月を迎え…』

【お祝いをされる方のメッセージ】
●喜寿を迎えられたご本人と祝われる方に関する思い出やエピソードを軸にして、これまでの感謝を伝えましょう。
●喜寿を迎えられた方の功績を語ることも、来し方を称える意味で大切です。
●健康への気遣いを忘れずに。これは、正式な場合でも内輪の場合でも重要です。 
●お孫さんからのメッセージや、仕事関係の方の場合には思い切り若い方からのメッセージを。ご年配の方にとってはことさらうれしいものです。


定年退職 緑寿お祝い


-緑寿の誕生-
数え年66歳、すなわち満65歳を祝う「緑寿(りょくじゅ)」…そんな長寿祝いがあったかな?と思われた方も少なくないかもしれません。それも当然。実は「緑寿」祝いの習慣が生まれたのは2002年。全国百貨店協会が提唱したことが始まりです。長寿祝いの習慣はもともと古代中国から伝わったものですが、その後日本で生まれた長寿祝いも多くあります。その中でも最も新顔が「緑寿」というわけです。しかも、行政の視点からも65歳以上が「高齢者」というくくりになっていることなどもあり、「緑寿」は長寿祝いの一覧の中に名を連ねることとなりました。経緯を知れば、商魂たくましい日本の市場が生み出したと、皮肉な目で見てしまう方もおられるでしょう。しかし、ご本人にとってはお祝いされることは何回あってもうれしいもの。また、身近な方や親しい方にとっても、改めて笑顔の交流ができるきっかけともなるでしょう。とにもかくにも、大切なのはお祝いをされる心。そのふさわしいかたちをいろいろ考えてみるのも良いものです。


-緑寿の由来-
数えの66歳が「緑寿」となったのは「緑」を「六」とも読めるから…?もちろん、それも理由の一つです。しかし「緑寿」という命名にはもう一つの大きな理由があります。
「緑寿」が誕生した2002年は新しい世紀となってまだ間もない時期。この頃から世界的に自然環境への関心が高まり、リサイクルや環境保護を考えたエコライフがすすめられるようになってきました。そんな時代背景の中で注目されたのが、地球の自然環境をイメージする「緑(みどり・りょく・ろく)」と響きを同じくする「六」。そこで66歳を「ロクロク」と読み、さらにそれを簡潔にして「緑寿」とし、新しい賀寿祝として提唱しようということになったようです。なんだか、ダジャレのようにも思えますが、これには、仕事を引退する人も多い65歳からは、「明るく元気に積極的に社会生活に参加して欲しい」という願いも込められているそうです。


-緑寿のお祝いは-
緑寿のお祝いのキーワードは、その名称が表す通り緑色です。心理学的にいえば緑色は精神の安定を表す色。また、調和やいやしなどを表す色です。心身に疲れがあるときなどは無意識に緑色に目が行くと言われています。ですから、色をキーワードに選ぶならグリーン系のものがおすすめ。また、「緑寿の由来」でもご紹介していますが、「緑寿」の緑は地球の自然環境をイメージする「緑」でもありますから、エコ思想に基づいたプレゼント選びというのも一案。さらに、観葉植物のプレゼントや記念植樹なども、「緑寿」ならではのお祝いとして意義深いものがあるでしょう。


-緑寿祝いのメッセージ-
還暦と並んで仕事を定年退職される時期の方が多い「緑寿」。お孫さんも成長され、公私ともの落ち着ついた日々を手にされていることでしょう。しかし、長寿、高齢という実感にはまだ早く、体力的にもまだまだお元気のはず。お祝いをされる場合には、その辺のバランスを上手に考えることが大切。その考え方をご紹介しましょう。

【ご本人のメッセージ】
●昔を振り返るには早く、むしろこれから語りたい年齢。今後に向けての意気込みや目標などを元気に語りましょう。
●定年退職をされるなど、環境に変化がある場合はその感想を述べるのも一案。
●年賀状や暑中見舞いなど環境の変化のご報告や心境を加えましょう。
●まだまだ一般に馴染みの少ない「緑寿」。その意義をご自分のお気持ちと交えてお知らせするのも良いでしょう。

【お祝いをされる方のメッセージ】
●緑寿を迎えられたご本人と、お祝いをされる方に関する思い出やエピソードを軸にして、これまでの感謝を伝えましょう。
●緑寿を迎えられた方の功績を語ることも、来し方を称える意味で大切です。
●健康への気遣いを忘れずに。これは、正式な場合でも内輪の場合でも重要です。 
●「緑寿」を迎えられるご本人がその意義をご存じなかった場合には、ぜひ、お知らせしてさしあげましょう。


Calendar
2014年10月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031